国松石材TOPに戻る


寺院を探す>福岡市内>正光寺

黒田長政により慶長5年(1600)から7年の歳月をかけて城と城下町が作られ、このとき唐人町や黒門町が生まれた。開山は住蓮社正誉上人見貞大和尚が箱崎一光寺第8世住職となった後、荒津山に隠棲し、慶長12年(1607)一寺を建立し金壽山地蔵院正光寺と号した。元和9年より過去帳がある。


【正光寺からのお知らせ】

●春季彼岸会(3月)
●御忌会(5月)
●盂蘭盆会(8月9日)
●秋季彼岸会(9月)
●十夜法要(11月)
●除夜(12月31日)

 

春分の日前後、極楽へのあこがれを起こす日
宗祖・法然上人の亡くなった忌日、お徳をたたえる法要
ご先祖様をお祀りする日
秋分の日前後、極楽へのあこがれを起こす日
南無阿弥陀仏のみ名を称えて善根を積む法要
除夜の鐘をつき、煩悩を除いて、新年を迎えます


名称

宗教法人 正光寺(浄土宗)

住所

福岡市中央区唐人町3丁目3−40

 

交通

福岡市営地下鉄「唐人町駅」4番出口から徒歩約6分(450m)
西鉄バス「唐人町」から徒歩約6分(450m)
徒歩 福岡(Yahoo!JAPAN)ドームから約10分(850m)

墓地

 

納骨堂

 

お申込 受付中

永代供養塔

 



【立江地蔵尊】
享保3年開眼、大飢饉の飢餓病死者の霊を祀る



毎夕、定刻に時を告げる鐘撞き堂。梅雨の時期には、あじさいが彩りを添えます。



【有情観音】
檀信徒や地域の方々など、毎日多くの参詣者が訪れます



境内の蓮池。見事な花を咲かし、参詣者を楽しませてくれます。


合格祈願や病気平癒などの願い事が記された絵馬(1枚100円)

(C)国松石材